後輩に仕事を教える難しさとは

まだアルバイトを始めたばかりの頃は、先輩の言うことを聞いて、早く仕事を覚えようと努力したと思います。
人の指示を素直に聞くことが出来る人は、成長が早いものです。
しばらく仕事で働いているうちに、今度は後輩に仕事を教える立場にもなることでしょう。そうなると、壁に当たる人が多いようです。新しく出来た後輩には、先輩として仕事を教えなければいけなくなります。しかし、仕事の教え方というのは案外難しいものです。自分ではよく分かっているつもりでも、相手には理解してもらえないといったことがよくあります。このように人に教える立場になると、仕事の教え方のノウハウを身につけているかどうかで大きな差が生じてしまいます。
仕事の方法を理解してもらうためには、かつて先輩に仕事を教わっていた頃のことを思い出すことが効果的です。以前は、仕事の方法を教わる立場であったので、教えてもらう側の気持ちはよく理解していると思います。以前教えてもらっているときに、どのような点について疑問に思ったかについて振り返ると、そこに活路を見い出すことが出来るでしょう。
職場で実力を認めてもらうためには、教わった仕事がこなせるということだけでなく、後輩への仕事の教え方も上手であることが求められます。いずれは人の上に立って、物事を教える立場になるので、まだ仕事の初心者の頃から、先輩の教え方をよく観察し、自分だったらどのように言われると分かりやすいかを考えておくと、役に立つでしょう。後輩が出来たら、こちら【バイト先で後輩ができたら…】を読んで教え方や関わり方を勉強しましょう。