後輩への仕事の教え方で注意すること

仕事で新しく新人が入ると、これまで居た人にはその新人の指導を任されることが日常的によくあります。
これは、働いているうえで後輩が出来るということになり嬉しいことですし、後輩の存在によりこれからの仕事に対するモチベーションや自信に繋がっていくことになることでしょう。
しかし、仕事を教えるということが意外と難しく、先輩の頭を悩ますことになるのもよくある話です。では、どうしたら上手く仕事を教えることが出来るのでしょうか。まず仕事の教え方として、教えられる側の立場を考えながら教えることが必要になります。自分が分かることや、当たり前のようにやっている作業も、新しく入ってくる後輩にとっては初めて聞くことばかりで覚えなくてはいけないことが多いので頭がいっぱいいっぱいになります。そんな後輩の状況を理解してあげて、そのような状態をしっかり把握してあげなければ、なかなか仕事を覚えてもらうことは難しくなります。
教えられる側からもなかなか理解されないので、慕われることもなくなるかもしれません。このように、後輩に仕事を教えるということは、指導する側の力量が問われることにもなりますし、指導の結果で今後の職場での立場や、評判が変わってくることでしょう。そこで、先ほど述べたように、相手の立場に立って考えてみること、ゆっくりと分かりやすい指導を自分の中でも心がけることが出来てくることでしょう。その心がけは、仕事を教える側には求められます。その大きな波を乗り越えることによって、自分もひとまわり成長し、その経験が今後の糧となっていくのです。