後輩への仕事の教え方で悩んでいる人へ

後輩への仕事の教え方で悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
どうやって教えていいか分からないという悩みが多いとは思いますが、そもそも人と話すことが苦手な人や、残念ながら相手に苦手意識を抱いてしまった人も、中にはいることでしょう。教え方にはある程度の原則があり、実は教える相手のタイプによって、やり方を変更する必要があるのです。
大まかには『作業をする理由や目的を教えて欲しいタイプ』と『まずは作業の内容だけを指示して欲しいタイプ』に分かれます。どちらにせよ最終的に、業務上その作業がどのような意義を持つのか、理解していかなければいけませんが、教えられる側がいいと思うアプローチ方法を取ることで、より早く理解出来るようになります。
教える側としては、自分と全然違うタイプだから嫌だ、なぜ自分と同じ方法では駄目なのか、と思うこともあるかもしれませんが、十人十色という言葉があるように、人にはそれぞれの感じ方があります。自分が正しいと思い込み、合わない方法で無理やり教えようとしてしまうと、後輩との間に溝や軋轢が出来てしまい、より問題が大きくなってしまうかもしれません。
上手な仕事の教え方というのは、どんな職業や現場でも必要とされる能力の1つであるため、これも勉強の1つだと思って、相手に合わせたスタイルで指導に取り組むといいでしょう。反対に、自分のスタイルや考え方を後輩に示し、自分はこういう考え方で動いているというのを認識して貰う方法もあります。つまりは、見ていれば分かる、言わなくても分かる、という思い込みを排除し、様々なやり方で認識を共有することが大切になるのです。